日本のジャズ:伝統と現代の歴史

大阪、「ジャズのメッカ」

一見すると、なぜ「ジャズ」と「日本」という言葉を同じ文章に入れるのかと疑問に思う人がほとんどです。それでも、戦間期、具体的には1920年代は、朝日の国のジャズの黄金時代でした。最初のジャズカフェは1933年に大阪にオープンしました。西洋への進歩的な開放の文脈で、この音楽ジャンルは大都市に浸透しました。今日、日本には世界最大のジャズコミュニティがあります。

日本でのジャズの出現の正確な起源を特定することは困難ですが、米国に旅行する日本人市民の増加する数がその役割を果たしたことは明らかです。彼らの旅行は、アフリカとアメリカの文化の音楽のミックスであるこの新しいスタイルに彼らをさらしました。母国に戻り、レコーディングを所持して、彼らは大規模に音楽を共有し始めました。いくつかの日本のグループはいくつかの曲をカバーすることさえしました。ただし、間違いはありません。日本のアーティストはアメリカの曲をカバーしていましたが、彼らは自分たちの言語と文化に適応させながらカバーしました。当時のジャズは、表現とエンターテインメントの単なるツールではありませんでした。それは、米国の高まる影響を具体化したものでした。

文化は、他の国に影響を与える国の能力の主要な構成要素です。つまり、国の「ソフトパワー」の構成要素です。 「戦後(10年)の職業は、日本人に最初に音楽に直接触れる機会を提供した」と、日本の主要な音楽評論家である岩波陽三は言う。アメリカ軍のプレゼンスにより、ジャズは東京、名古屋、神戸などの都市だけでなく、大阪でも成長し、繁栄しました。大阪のエンターテインメント地区である道頓堀は、1920年代には数多くのダンスホールのおかげで、ジャズのお祝いの中心にありました。第二次世界大戦後の最大のジャズアーティストの1人である服部龍一によって「日本のジャズメッカ」とも呼ばれていました。[2]

ピアニストの秋吉敏子さんをはじめとする日本のアーティストが、この音楽ジャンルへの情熱を養い、専門家として認められる機会となりました。当時、ジャズはアメリカ人のすべての疎外感として認識されていました。日本のミュージシャンは、つづみなどの伝統的な楽器、日本の法廷音楽のメロディー、または禅仏教に触発された美学を使用して、それを「日本スタイル」に徐々に適応させなければなりませんでした。それにもかかわらず、アフロキューバン、カリブ、ラテン、ブラジルの音楽などのように、日本の伝統音楽とジャズの融合は起こりませんでした。差別化されたとしても、共通のアフリカの奴隷制度があったこれらすべての場所。この現象は、日本のジャズがユニークで独創的なスタイルとして確立されたほど、音楽と文化の両方であり、規模、楽器、音楽との社会的関係の点で同じでした。

現在、日本のジャズはアメリカの影響から解放され、1960年代後半から設立されたさまざまなジャズスクールのおかげで、それ自体がジャンルを構成しています。 1つ目はヤマハポピュラーミュージックインスティテュートで、1965年にサックス奏者の渡辺貞夫氏がバークリー音楽院(ボストン)から帰国後、オープンしました。

大阪市はまだ運動の中心にあります。この精神で、市は昨年、セロニアス・モンク・ジュニアが審査員を務めたアジアン・ドリーム・ジャズ・コンペティションを組織し、様々なジャズクラブを誇っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です