日本のジャズ

日本人はアメリカ人に魅了されています。

野球は島国の人気スポーツとなっています。マクドナルドのハンバーガーは数十億単位で売れています。アメリカンポップスターは東京スタジアムを一気に売り切れます。

そして、ソニーがまだトランジスタラジオビジネスを主にしていて、フォードがトヨタより大きかったときに日本でブームを経験したアメリカンジャズは、今や日本の文化意識の快適なニッチに落ち着きました。それは、いくつかの措置によって、米国での立場をはるかに超える、堅固で比較的高いレベルの公的支援を達成しています。

-推定によると、ジャズのレコーディングは年間20億ドルの日本のレコードビジネスの15%を占めています。

-スーパースターのマイルスデイビスからあまり知られていないサックス奏者のマイケルブレッカーまでのジャズミュージシャンは、日本のテレビコマーシャルによく出演します。アメリカの広告に出演したデイビスは、サントリー酒造会社のコマーシャルに出演。ブレッカーは国内最大の国内航空会社である全日空にも同じことをしています。

-クラシックアメリカンジャズアルバムの日本再発行-完璧なカバーの再現、豊富なライナーノーツ、ゴージャスな忠実性-は業界標準であり、米国でリリースされたアルバムにはほとんど見られない品質です。

-国で厚く、広告が満載の月刊ジャズ雑誌であるSwing Journalは、米国では同等のものではありません。8月号は344ページでした。

「ジャズを聴く日本人の聴衆はこれまでで最大です」とレコードプロデューサーでジャーナリストの小山清は言います。「品質の良し悪しはわかりませんが」

しかし、かつては聴衆についてはほとんど疑いがありませんでした。

60年代と70年代の日本では、アメリカのジャズ音楽がほとんど熱狂的な反応で迎えられました。その時代はファンキーブームと呼ばれていました。

「1961年、(ドラマー)Art Blakeyの五重奏曲が東京に最初に登場したとき、それはセンセーショナルな成功でした」と小山は思い起こします。「ファーストフード店の配達人が 『モアニン』を口笛で吹く可能性は十分にありました(当時ブレイキーのピアニスト、ボビーティモンズによる人気のブルースベースの曲)。」

最近では、日本の主流であるジャズへの関心(メインストリームとジャズ/フュージョンの両方)が衰えていなくても横ばいになっていると多くの観測者が信じています。

「ジャズは日本ではそれほど人気が​​ありません」と、50年代半ばからアメリカに住んでいる日本人バンドリーダー兼作曲家のピアニスト、秋吉敏子は言った。「そこには、世界中のどこにでもいるのと同じ種類のフォローがあります。」

「ジャズは珍しいものでした。今では、3〜4人のアメリカ人グループが日本のどこかで演奏するのを見るのがほとんど一般的です。小山氏は東京の自宅でこう語った。

小山は、第7回JazzTimesコンベンションの一部である「Japan and Jazz」金曜日のパネルディスカッションに参加します。業界全体の集まりであるこの大会は、初めて西海岸で開催されます。今日から土曜日まで、ユニバーサルシティのユニバーサルシェラトンで開催されます。(詳細については、添付の記事を参照してください。)

ジャズは常にポップミュージックのバックフィドルを演奏してきました。日本では、状況は変わりません。

「スティング、ボン・ジョヴィは、このような行為はどのジャズアーティストよりも日本で100倍人気があります」と小山は言いました。

コンサートへの出席を比較するために、推定40,000人のファンが主流志向の3日間の山に出席しました。8月下旬に開催されたフジブルーノートフェスティバル。ポップスターのミックジャガー、マイケルジャクソン、マドンナは、最近のツアーで多くのファンが背を向け、50,000席の会場を詰めました。

だから、チック・コリアやデイブ・サンボーンのようなジャズ/フュージョン・アーティストがほとんどの主流アーティストを引き出すのは理にかなっているが、サラ・ヴォーンのような人々は「常にうまくいく」と語った。

多くのアメリカ人アーティストは、さまざまな理由で、そこでのツアーを楽しみにしています。

「あそこにいるだけで美しかった」と昨年2回日本で演奏したサックス奏者のハロルド・ランドは言った。

「ミュージシャンは評判がよく、アーティストとして扱われるべきであるとして尊敬されています」と秋吉氏は語った。

日本での登場には限界があります。「多くのミュージシャンは、カメラでの仕事で儲かっています」と、MCA Recordsの全国的宣伝責任者であり、「Japan and Jazz」パネルのモデレーターであるDon Lucoffは言いました。

「年に2、3回日本をツアーするマイケルブレッカー。。。(米国では)おそらくテレビコマーシャルを決してしないでしょう。」

秋吉とサックス奏者のソニー・ロリンズは、約2年に1度、日本を訪れます。リードマンの妻でありマネージャーであるルシル・ロリンズ氏は、「私たちは歓迎すべきものを使いたくない」と述べた。

「コンサートのチケットは値段が高い(20ドルから40ドル)ので、リスナーは選んで選ぶ必要があります」と秋吉は言った。「昨年、オスカーピーターソンの話を聞きに行きました。今年はあなたに会いに行きます。」」

コンサートは、多くの場合、JVC、ソニー、バドワイザー、サントリーなどの大手企業が主催し、これらの多くはアメリカのアーティストの名前をフィーチャーしています。「あなたはそれらに多くの日本人を見ていない」と小山は言った。

人々がいつもコンサートに出席しない場合、彼らは確かに録音を購入します。小山は、8000万ユニットのレコード市場におけるジャズのシェアは5%から15%であると推定しました。これは、レコード産業協会による推定に匹敵する数値です。アメリカ国内では、国内で録音された音楽の販売に関する統計を保持しています。

レコーディングに関しては、アメリカでさえ日本人がリードしています。「私たちは製品でそれらをエミュレートしようとします」と、Verve、Soul Note、Emarcy、その他の重要なジャズレーベルを販売しているPolyGram Jazzの社長、Richard Seidelは言いました。

熱心な公共の関心の有無にかかわらず、ジャズは小山が言うようにジャズは西洋のメッセンジャーであるという日本人の間でまだ感じがあります。

1972年以来日本企業を扱ってきたLAを拠点とするVee-Jay RecordsのプロデューサーであるPat Brittは、「彼らはジャズを、彼らが見つけた金でいっぱいの金庫のように扱っている」と述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です